薬剤投与

救急救命士教育研究会 監修

薬剤投与は、たとえ1剤とはいえ医療行為そのものであり、エピネフリン投与の責任は極めて重い。したがってこの追補版には、エピネフリン投与の適応や合併症ばかりでなく、薬剤投与に関わる広範な基礎知識が盛り込まれている。執筆陣は、教育カリキュラムの策定に関与した医師のほか、薬剤師などの専門家で構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 薬剤投与に必要な人体の構造と機能
  • 2 心肺停止前後の病態
  • 3 薬剤投与が適応となる心停止の病態
  • 4 薬剤投与の基礎
  • 5 薬剤投与の実際
  • 6 薬剤投与のプロトコール
  • 7 薬剤投与とメディカルコントロール体制
  • 8 薬剤投与と生命倫理
  • 9 薬剤投与に関するリスクマネージメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬剤投与
著作者等 救急救命士教育研究会
書名ヨミ ヤクザイ トウヨ
書名別名 Yakuzai toyo
シリーズ名 救急救命士標準テキスト : 追補版 2
出版元 へるす
刊行年月 2005.3
ページ数 202p
大きさ 30cm
ISBN 4892694916
NCID BA72503543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20813147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想