日本海域歴史大系  第3巻(中世篇)

小林昌二 監修 ; 矢田俊文, 工藤清泰 編

多様な勢力が自立し、人々がしのぎを削り日本海を舞台に展開した内外の交流と豊かな自然を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 文献史学からみた日本海地域(中世日本海沿岸地域の潟湖と荘園制支配
  • 出羽三山と海・川・道
  • 大陸から見た中世日本の北方地域
  • 戦国期北陸の本願寺と領主
  • 十六世紀における西日本海域の構造転換)
  • 第2編 中世考古学からみた日本海地域(北へ向かった人々-謎の埋納銭をめぐって
  • 中世の北海道島をめぐる北東日本海交易
  • 中世日本海域物流からみた地域性・境界性
  • 中世西日本海地域の都市と館-中世の山陰と京都)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本海域歴史大系
著作者等 中村 和之
伊藤 清郎
南 洋一郎
吉井 克信
小林 昌二
工藤 清泰
水澤 幸一
皆川 義孝
矢田 俊文
西尾 和美
越田 賢一郎
鋤柄 俊夫
長谷川 博史
飯村 均
高桑 弘美
高橋 一樹
書名ヨミ ニホン カイイキ レキシ タイケイ
書名別名 Nihon kaiiki rekishi taikei
巻冊次 第3巻(中世篇)
出版元 清文堂
刊行年月 2005.6
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4792405831
NCID BA72497484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20936430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想