市場とジェンダー : 理論・実証・文化

法政大学比較経済研究所, 原伸子 編

1960年代末以降の「第二派フェミニズム」と呼ばれる世界規模での女性解放思想は、その理論的枠組みにおいても、対象とする専門領域においても多様な流れを生み出したが、ジェンダーという共通の概念を発見した。そして、1980年代、1990年代以降の市場経済化の進展とグローバリゼーションのもとでは、ジェンダーを分析軸にすえた新たな知の枠組みが模索されている。本書は、主流派を構成する新古典派経済学の理論、さらにリベラリズムの思想をジェンダーの視点から理論的に検討し、同時に、市場主義化がもたらす新たなジェンダー問題を家族・社会政策、開発経済学、社会思想、人類学などの諸領域から問い返すことで、社会・経済の変動を理論的、実証的かつ歴史的にとらえる方法を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論と方法(ジェンダーと「経済学批判」-ケアの経済学に向けて
  • フェミニズムが指し示すもの-性・死・私的なもの ほか)
  • 第2部 家族政策とケア(児童手当の意義とは何か-少子化論議の陥穽
  • 介護の隙間とケア労働者の国際移動 ほか)
  • 第3部 開発とジェンダー(人間開発パラダイム-A.センのケイパビリティ概念を操作化する
  • 東南アジアの開発とジェンダー ほか)
  • 第4部 ジェンダーの比較文化(「労働」神話とジェンダー-偽なる問題の客観的な"体"としての経済学
  • サモア社会における女性の仕事の復興-市場経済下のジェンダー役割分担の保守と変容 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場とジェンダー : 理論・実証・文化
著作者等 Fukuda-Parr, Sakiko
Lawson, Tony
北 明美
原 伸子
吉村 真子
山本 真鳥
山森 亮
後藤 浩子
村上 英吾
橋本 美由紀
法政大学比較経済研究所
溝口 由己
竹田 茂夫
馬場 淳
崔 戴弦
書名ヨミ シジョウ ト ジェンダー : リロン ジッショウ ブンカ
シリーズ名 比較経済研究所研究シリーズ 20
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.7
ページ数 356p
大きさ 22cm
ISBN 4588602209
NCID BA72496459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20831615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想