バビロン

ベアトリス・アンドレ=サルヴィニ 著 ; 斎藤かぐみ 訳

「バベルの塔」の神話を生んだ、古代メソポタミアの壮麗な都-バビロンは、多くの作家や芸術家を触発してきた。本書は、世界の七不思議といわれる空中庭園などの建築物や都市計画とともに、当時の生活・宗教・宇宙観について解説してゆく。伝説と史実に彩られた聖都の全貌に迫る歴史入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 われわれの史料
  • 第2章 バビロンの歴史(模範そして逆風の時代
  • 新バビロニア帝国)
  • 第3章 ネブカドネツァル二世時代のバビロン(前六〇五〜五六二年)(バビロンの都市計画と生活
  • 公用の巨大建築物-世界の不思議バビロン)
  • 第4章 バビロニア文明の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バビロン
著作者等 André-Salvini, Béatrice
斎藤 かぐみ
Andr'e‐Salvini B'eatrice
アンドレ=サルヴィニ ベアトリス
書名ヨミ バビロン
書名別名 Babylone
シリーズ名 文庫クセジュ 889
出版元 白水社
刊行年月 2005.7
ページ数 145, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4560508895
NCID BA72469809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20807693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想