障害と活動の測定・評価ハンドブック : 機能からQOLまで

岩谷力, 飛松好子 編

本書はリハビリテーション医療で用いられている機能、生活活動を測定する代表的な評価尺度を解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(測定と評価とは
  • 運動障害を持つ人(肢体不自由者)の操作的定義
  • 構成概念の測定と統計学的評価
  • EBMとリハビリテーション)
  • 各論(心身機能評価
  • 活動と参加
  • QOL
  • 疾患特異的機能障害・重症度分類)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害と活動の測定・評価ハンドブック : 機能からQOLまで
著作者等 岩谷 力
飛松 好子
書名ヨミ ショウガイ ト カツドウ ノ ソクテイ ヒョウカ ハンドブック : キノウ カラ QOL マデ
書名別名 Shogai to katsudo no sokutei hyoka handobukku
出版元 南江堂
刊行年月 2005.7
ページ数 228p
大きさ 30cm
ISBN 4524236430
NCID BA72462592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20799280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想