現出の本質  下

ミシェル・アンリ 著 ; 北村晋, 阿部文彦 訳

古代ギリシアからハイデガーに至る西洋哲学を「存在論的一元論」として批判的に捉え直すとともに、独自の「内在」概念の内に根源的な現出の本質を見出し、その具体的な啓示を「情感性」として規定しようとする試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3章 内在の内的構造とその現象学的規定の問題-見えないもの(実存主義における状況という概念。存在論の破綻と実在論-「自然と自由」
  • 啓示の根源的本質の隠蔽とその忘却
  • 認識批判。宗教の本質 ほか)
  • 第4章 啓示の根源的な本質を情感性として根本的かつ存在論的に解釈すること(啓示の根源的な本質を情感性として根本的かつ存在論的に解釈すること-情感性と自己性
  • 根源的な存在論的受動性としての情感性と「被ること」におけるその本質の現実態
  • 情感性を触発の根拠として存在論的に解釈すること-「志向的情感性」の問題 ほか)
  • 補論 啓示の根源的な本質をヘーゲルの現出(manifestation,Erscheinung)概念との対比において明らかにすること(現出の本質の問題と引き裂き
  • 存在の一カテゴリーとして解釈された否定性
  • 主観性の疑似‐本質とキリスト教への批判 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現出の本質
著作者等 Henry, Michel
北村 晋
阿部 文彦
アンリ ミシェル
書名ヨミ ゲンシュツ ノ ホンシツ
書名別名 L'essence de la manifestation

Genshutsu no honshitsu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 814
巻冊次
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.7
ページ数 p534-1071, p26-54, 34p
大きさ 20cm
ISBN 4588008145
NCID BA7245152X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20831763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想