昭和初年の『ユリシーズ』

川口喬一 著

『ユリシーズ』本邦初の翻訳=出版は一つの事件であった。伊藤整vs.小林秀雄、第一書房と岩波文庫の合戦、猥褻と検閲等、本を巡る熾烈なドラマを詳細に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 芥川龍之介とジョイス
  • 第1章 野口米次郎とジョイス
  • 第2章 『ユリシーズ』登場-杉田未来、土居光知、堀口大学
  • 第3章 伊藤整氏の奮闘
  • 第4章 西脇順三郎と春山行夫
  • 第5章 第一書房対岩波文庫-『ユリシーズ』翻訳合戦
  • 第6章 『ユリシーズ』裁判-猥褻と検閲
  • エピローグ 『ユリシーズ』再訪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和初年の『ユリシーズ』
著作者等 川口 喬一
書名ヨミ ショウワ ショネン ノ ユリシーズ
書名別名 Showa shonen no yurishizu
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.6
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 4622071460
NCID BA72437187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20796323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想