哲学の根本問題  続編

西田幾多郎 著

正編で展開された問題意識がさらに深まり、「弁証法的世界」の立場の思考枠組みが明確になる。本書中の「弁証法的一般者としての世界」は、後期西田哲学の中でも重要な論文の一つである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現実の世界の論理的構造
  • 2 弁証法的一般者としての世界
  • 3 形而上学的立場から見た東西古代の文化形態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の根本問題
著作者等 西田 幾多郎
書名ヨミ テツガク ノ コンポン モンダイ
書名別名 弁証法的世界
シリーズ名 岩波全書セレクション
巻冊次 続編
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.6
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 400021862X
NCID BA72428062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20804286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想