哲学の根本問題 : 行為の世界

西田幾多郎 著

中期の「場所」の立場から、後期の「弁証法的世界」の立場にいたる過渡期の著作。「自己から世界を見る」という立場から、反対に「世界の個物的限定に即して」自己というものを考えるという立場への転回が示される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 形而上学序論
  • 2 私と世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の根本問題 : 行為の世界
著作者等 西田 幾多郎
書名ヨミ テツガク ノ コンポン モンダイ : コウイ ノ セカイ
シリーズ名 岩波全書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.6
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 4000218611
NCID BA72427842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20804282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想