ウィンターの臨床薬物動態学の基礎 : 投与設計の考え方と臨床に役立つ実践法

Michael E.Winter 著 ; 樋口駿 監訳 ; 篠崎公一, 平岡聖樹, 川崎まさ江 編

[目次]

  • 生物学的利用率
  • 投与速度
  • 望ましい血漿中濃度
  • 分布容積(V)
  • クリアランス(CL)
  • 消失速度定数(K)と半滅期(t1/2)
  • 最高血漿中濃度と最低血漿中濃度
  • 適切な式の選択
  • 血漿中薬物濃度の解釈
  • クレアチニンクリアランス(CLcr)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィンターの臨床薬物動態学の基礎 : 投与設計の考え方と臨床に役立つ実践法
著作者等 Winter, Michael E
川崎 まさ江
平岡 聖樹
樋口 駿
篠崎 公一
書名ヨミ ウィンター ノ リンショウ ヤクブツ ドウタイガク ノ キソ : トウヨ セッケイ ノ カンガエカタ ト リンショウ ニ ヤクダツ ジッセンホウ
書名別名 Basic clinical pharmacokinetics. (4th ed.)
出版元 テクノミック : じほう
刊行年月 2005.6
版表示 改訂.
ページ数 482p
大きさ 26cm
ISBN 4840734496
NCID BA72401408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20813698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想