足軽目付犯科帳 : 近世酒田湊の事件簿

高橋義夫 著

庄内藩酒井家の所領である酒田は、蝦夷地や京・大坂を結ぶ海運の要地。大小さまざまな船の出入りで賑わい、豪商たちの蔵が建ち並ぶこの町の平穏は、本書の主人公、足軽目付たちによって守られていた。彼らが書き残した厖大な記録『御用帳』から、その活躍ぶりをうかがい知ることができる。本書は、盗難や殺人、詐欺、汚職から見世物興行まで、興味深い記事を選りすぐって紹介。近世湊町の雰囲気をいきいきと今に蘇らせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 足軽目付の生活
  • 第2章 天明飢饉と酒田湊
  • 第3章 米の湊の難事件
  • 第4章 庶民の娯楽と足軽目付
  • 第5章 女の事件簿
  • 第6章 湊町の怪しい人々
  • 第7章 盗賊たちの群像
  • 第8章 足軽目付の幕末維新

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足軽目付犯科帳 : 近世酒田湊の事件簿
著作者等 高橋 義夫
書名ヨミ アシガル メツケ ハンカチョウ : キンセイ サカタミナト ノ ジケンボ
書名別名 Ashigaru metsuke hankacho
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.6
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4121018036
NCID BA72378190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20827515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想