北朝鮮「虚構の経済」

今村弘子 著

かつて「地上の楽園」と賛美する者さえいたこの国の経済は、なぜ破綻したのか。そこには社会主義国が共通に抱える問題とともに、北朝鮮独自の問題があった。北朝鮮は建国以来、社会主義国でありながら計画経済が機能しない「計画なき計画経済」国家であり、また「自立的民族経済」を掲げながらその実態は援助の上に成り立つ「"被"援助大国」であり、対外経済関係ではボーダレスには程遠いボーダ「フル」な経済国家だったのである。関係諸国から断片的に報告される各種データや研究書を丹念に調べ上げて、「秘密国家」のベールの奥に隠された経済の実態に迫る、渾身の研究の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 北朝鮮経済はなぜ破綻したのか(計画なき計画経済
  • "被"援助大国北朝鮮)
  • 第2章 北朝鮮の経済「改革」は成功するか-中国・ベトナムとの比較(改革の始まりか
  • 改革の前提条件と順序 ほか)
  • 第3章 北朝鮮経済史(「解放」直後の北朝鮮
  • 朝鮮戦争と戦後復興三ヵ年計画(一九五四‐五六年) ほか)
  • 第4章 北朝鮮経済の現状(不足するエネルギー
  • 厳しい農漁業生産 ほか)
  • 終章 出口の見えない北朝鮮経済(回復の兆しのない北朝鮮経済
  • 経済制裁に「効果」はあるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮「虚構の経済」
著作者等 今村 弘子
書名ヨミ キタチョウセン キョコウ ノ ケイザイ
書名別名 Kitachosen kyoko no keizai
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2005.6
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087202968
NCID BA72376843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20802147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想