ことばとイマージュの交歓 : フランスと日本の詩情

宗像衣子 著

マラルメの詩世界を要に、フランスの詩人・画家、日本の俳句へ、ジャポニスム・自然観・主体の消失の思索とともに、ことばとイマージュの照応の系譜を辿った、響き合う芸術諸ジャンルと東西文化の、抒情と抽象の時空。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 融合の意識と源泉の探求(ヴェルレーヌの詩情-パラドックスと芸術史的価値
  • アポリネールの文芸-詩画融合観のあり方
  • ミショーの源泉-文学と絵画の境界域)
  • 第2部 創作の共有(エリュアールとピカソ-芸術と社会
  • シャールの芸術世界と自然-『ヴァン・ゴッホのあたり』をめぐって)
  • 第3部 ジャンルを越える視線(ビュトールとゴッホ-絵の中の文字
  • ゴンクールとロチ-日本の芸術と社会
  • ブラックとバルト-イマージュと文字の間、日本の文化)
  • 第4部 文芸の共鳴と文化の響き合い(クシューとジャポニスムの価値-文学と美術の伝播
  • マラルメから蕪村を管見-写生と夢想
  • 文学・美術と文化の流れ-欧米から日本から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばとイマージュの交歓 : フランスと日本の詩情
著作者等 宗像 衣子
書名ヨミ コトバ ト イマージュ ノ コウカン : フランス ト ニホン ノ シジョウ
出版元 人文書院
刊行年月 2005.6
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 4409040731
NCID BA72367241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20848615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想