観察による歩行分析

Kirsten Gotz-Neumann 原著 ; 月城慶一, 山本澄子, 江原義弘, 盆子原秀三 訳

[目次]

  • 1 冒険的進化-直立歩行の歴史
  • 2 歩き方-ヒトの歩容の生理学
  • 3 観察による歩行分析
  • 4 計測装置を用いた歩行分析
  • 5 病的歩行-逸脱運動の原因と影響
  • 6 心と考え方-治療における考え方
  • 7 歩行に対する心理的影響
  • 8 さいごに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観察による歩行分析
著作者等 Götz-Neumann, Kirsten
山本 澄子
月城 慶一
江原 義弘
G¨otz‐Neumann Kirsten
盆子原 秀三
ゲッツ・ノイマン キルステン
書名ヨミ カンサツ ニ ヨル ホコウ ブンセキ
書名別名 Gehen verstehen Ganganalyse in der Physiotherapie
出版元 医学書院
刊行年月 2005.6
ページ数 186p
大きさ 26cm
ISBN 4260244426
NCID BA72366930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20822851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想