政党 : 組織と権力

A.パーネビアンコ 著 ; 村上信一郎 訳

政治学や社会学にとって、政党は永遠のテーマの一つである。本書は、政党の本質は「組織」にあるという観点から、永らく忘れ去られていたオストロゴルスキーに始まり、ウェーバーを経てデュヴェルジェにいたる「古典的」政党研究の伝統を改めて蘇らせただけではなく、組織研究をめぐる最新の理論的成果を積極的に援用することにより、政党組織の動態力学についてのきわめて独創的で包括的な一般理論を打ち立てることに成功した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 組織の秩序(組織のジレンマ
  • 権力・インセンティヴ・参加
  • 優越連合と組織の安定性)
  • 第2部 組織の発展(制度化
  • 対抗政党
  • 政権政党
  • カリスマ政党
  • 組織の秩序 類型論)
  • 第3部 構造的条件(規模・組織の複雑性
  • 組織と環境
  • 政治の専門職化と官僚の専門職化)
  • 第4部 組織の変容(環境からの挑戦とエリートの循環
  • 政党と民主主義-変容と危機)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政党 : 組織と権力
著作者等 Panebianco, Angelo
村上 信一郎
Panevianco Angelo
パーネビアンコ A.
書名ヨミ セイトウ : ソシキ ト ケンリョク
書名別名 Modelli di partito. (重訳)
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 102
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.6
ページ数 334, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4623043932
NCID BA72346208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20806400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想