成瀬巳喜男の世界へ

蓮實重彦, 山根貞男 編著

小津安二郎、溝口健二、黒沢明との比較においてではなく、世界的な視線のもとに、寡黙な表情の向こうに拡がる豊かな作品世界を多角的に論じる力作論考、身近に仕事をともにしたスタッフ、キャストのインタヴュー、成瀬に親愛を感じてきた映画監督たちのエッセイを収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二〇〇五年の成瀬巳喜男-序にかえて(蓮実重彦)
  • 視線と空間の劇-成瀬巳喜男の戦中について(山根貞男)
  • 寡黙なるものの雄弁-戦後の成瀬巳喜男(蓮実重彦)
  • 成瀬について(ジャン・ドゥーシェ)
  • 成瀬巳喜男におけるさまざまな移動-日本を縦断して(ベルナール・エイゼンシッツ)
  • シネマの中にいる他人-最後から三番目の成瀬巳喜男(藤井仁子)
  • 紗が降りる-成瀬巳喜男の中心(常石史子)
  • ニューヨークのキミコ(大久保清朗)
  • …成瀬さんは、とても剽軽な方だなと思いました(岡田茉莉子)
  • 成瀬さんの本領は、一歩歩いて振り返る、独特の振り返りのポジションですね(玉井正夫)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成瀬巳喜男の世界へ
著作者等 山根 貞男
蓮実 重彦
書名ヨミ ナルセ ミキオ ノ セカイ エ
書名別名 Naruse mikio no sekai e
シリーズ名 リュミエール叢書 36
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.6
ページ数 280p
大きさ 21cm
ISBN 4480873171
NCID BA72339610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20821186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想