近代国家を構想した思想家たち

鹿野政直 著

坂本龍馬、福沢諭吉、内村鑑三、市川房枝、大杉栄、山川菊栄…。幕末にはじまる黎明期に、アジア・世界のなかで、人びとはどのような日本をつくろうと考えたのか。激動する社会を背景に、時代と格闘した25人の足跡と思考をたどります。人物をとおして学ぶもうひとつの日本近代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代への先駆者(渡辺崋山
  • 吉田松陰 ほか)
  • 2 「国民」の形成をめざして(福沢諭吉
  • 中江兆民 ほか)
  • 3 アジア・世界のなかの日本(内村鑑三
  • 岡倉天心 ほか)
  • 4 体制の変革を志す(出口なお
  • 幸徳秋水 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代国家を構想した思想家たち
著作者等 鹿野 政直
書名ヨミ キンダイ コッカ オ コウソウシタ シソウカタチ
書名別名 Kindai kokka o kososhita shisokatachi
シリーズ名 岩波ジュニア新書 508
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.6
ページ数 181p
大きさ 18cm
ISBN 400500508X
NCID BA72337058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20806669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想