ソロモンの指環 : 動物行動学入門

コンラート・ローレンツ 著 ; 日高敏隆 訳

生後まもないハイイロガンの雌のヒナは、こちらをじっとみつめていた。私のふと洩らした言葉に挨拶のひと鳴きを返した瞬間から、彼女は人間の私を母親と認め、よちよち歩きでどこへでもついてくるようになった…"刷り込み"などの理論で著名なノーベル賞受賞の動物行動学者ローレンツが、けものや鳥、魚たちの生態をユーモアとシンパシーあふれる筆致で描いた、永遠の名作。著者による「第2版へのまえがき」初収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソロモンの指環 : 動物行動学入門
著作者等 Lorenz, Konrad
Lorenz, Konrad Z.
日高 敏隆
ローレンツ コンラート
書名ヨミ ソロモン ノ ユビワ : ドウブツ コウドウガク ニュウモン
書名別名 Er redete mit dem Vieh,den Vögeln und den Fischen
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : NF
出版元 早川書房
刊行年月 1998.3
版表示 8刷
ページ数 261p
大きさ 16cm
ISBN 4150502226
NCID BA36151839
BA72310517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想