憲法九条の戦後史

田中伸尚 著

侵略戦争の反省に立ち、戦争放棄、戦力不保持を謳った憲法九条。軍事化を目指す政府によって常に「形骸化」の危機に曝される一方、この理念を生かそうとする市民の行動は、日本が戦争加害者となることに抗し続けてきた。数々の出来事や人びとを丹念に取材し、改憲の動きが具体化するいま、九条があることの意味を改めて問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 元国防族のレジスタンス
  • 第1章 非戦国家の再軍備-一九四五〜一九五四年
  • 第2章 反戦の民衆を支えた九条-一九五五〜一九六三年
  • 第3章 広がる九条の「世界」-一九六四〜一九七七年
  • 第4章 沖縄 届かぬ九条
  • 第5章 右傾化に抗して-平和市民の登場-一九七八〜一九八九年
  • 第6章 危機の一〇年1-一九九〇〜一九九二年
  • 第7章 危機の一〇年2-一九九三〜一九九九年
  • 第8章 「どこへ行く?」-二〇〇〇年〜
  • エピローグ 国際社会と九条-国家中心の安全保障観から市民中心の創る平和主義へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法九条の戦後史
著作者等 田中 伸尚
書名ヨミ ケンポウ キュウジョウ ノ センゴシ
書名別名 Kenpo kyujo no sengoshi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.6
ページ数 13, 247, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4004309514
NCID BA72284676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20814086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想