象は世界最大の昆虫である : ガレッティ先生失言録

ガレッティ 著 ; 池内紀 編訳

「水は沸騰すると気体になる。凍ると立体になる」(物理学)。「カエサルはいまわのきわの直後に死んだ」(ローマ史)…18世紀末から19世紀初頭のドイツの高校で教壇に立っていた名物教授が残した、想像を絶する"名"失言の数々。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代の世界
  • 歴史学
  • 自然地理、ならびに政治地誌学
  • 天文学と物理学
  • 数学、幾何学、算術
  • 年代記
  • 博物学
  • 人類学
  • 言語学と文学
  • 授業風景
  • 私事
  • 経験と省察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象は世界最大の昆虫である : ガレッティ先生失言録
著作者等 Galletti, Johann Georg August
池内 紀
Galletti Johann G.A.
ガレッティ ヨーハン・G.A.
書名ヨミ ゾウ ワ セカイ サイダイ ノ コンチュウ デ アル : ガレッティ センセイ シツゲンロク
書名別名 Das grosste Insekt ist der Elefant

Zo wa sekai saidai no konchu de aru
シリーズ名 白水Uブックス 1079
出版元 白水社
刊行年月 2005.6
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4560073791
NCID BA72236017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20786335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想