アウシュヴィッツと〈アウシュヴィッツの嘘〉

ティル・バスティアン 著 ; 石田勇治, 星乃治彦, 芝野由和 編訳

「ガス室はなかった」などの何度も繰り返されるアウシュヴィッツを巡る"嘘"を分析しながら、その歴史を平易に概説した、まさにアウシュヴィッツを考えるうえでの基本図書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アウシュヴィッツ絶滅収容所(「最終的解決」の経緯
  • ナチの強制収容所・絶滅収容所システム
  • アウシュヴィッツ絶滅収容所)
  • 第2部 "アウシュヴィッツの嘘"-大量虐殺とその否定(アウシュヴィッツ絶滅収容所の歴史に関する史料
  • アウシュヴィッツ裁判
  • 「修正派」の文献 ほか)
  • 第3部 "アウシュヴィッツの嘘"のその後("アウシュヴィッツの嘘"をめぐる問題状況
  • 日本版アウシュヴィッツの嘘
  • ドイツにおけるホロコースト認識の現在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウシュヴィッツと〈アウシュヴィッツの嘘〉
著作者等 Bastian, Till
星乃 治彦
石田 勇治
芝野 由和
バスティアン ティル
書名ヨミ アウシュヴィッツ ト アウシュヴィッツ ノ ウソ
書名別名 Auschwitz und die "Auschwitz-Luge"

Aushuvittsu to aushuvittsu no uso
シリーズ名 白水Uブックス 1080
出版元 白水社
刊行年月 2005.6
ページ数 173, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4560720800
NCID BA72234929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20786340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想