アルプスの谷アルプスの村

新田次郎 著

チューリッヒを出発した汽車は牧草地をぬけるとアルプスの山塊を登っていく。いきなり車窓に飛びこんできた巨大な岩壁のアイガー、朝日に全容を示した坐せる孤峰のマッターホルンをはじめ、人なつこい宿の主人シュトイリ氏、チナールの谷で逢った愛らしいベルギーの少女たちなど、憧れの土地で接した自然の風物と人情の機微を清々しい筆で捉えた紀行文。佐貫亦男氏の写真多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白銀の峰々
  • 老ガイドの宿
  • ユングフラウヨッホに立つ
  • 樅の森に雨が降る
  • 滑らかな草原ツェルマットへ
  • 山岳博物館と遭難者墓地
  • 石の巨人-マッターホルン
  • 郵便バスに乗って
  • プティムンテの小屋
  • 白銀のガウン
  • メールドグラースの大氷河
  • 山岳兵のいる街
  • 窓に花のない村
  • 死んだ山
  • エタンソンの谷
  • アラレの降る国境
  • 一点の光明
  • 真夏の雪
  • 谷間で会った少年
  • さよならアルプス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルプスの谷アルプスの村
著作者等 新田 次郎
書名ヨミ アルプス ノ タニ アルプス ノ ムラ
書名別名 Arupusu no tani arupusu no mura
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1979.1
版表示 改版
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 4101122164
NCID BA41215770
BA7222381X
BN01500933
BN04702424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79008262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想