シュナイドマンの自殺学 : 自己破壊行動に対する臨床的アプローチ

エドウィン・S.シュナイドマン 著 ; 高橋祥友 訳

本書は、わが国自殺研究の第一人者であり、シュナイドマンに直接師事した訳者が、自殺学の巨人シュナイドマンの主要論文を訳出したもので、自殺という難問にプラグマティックに対処するための知見が数多く盛り込まれている。自殺を生物学的、社会学的、文化的、対人的、哲学的等、多くの要因からなる現象としてとらえ、その本質的原因を心理的な要因に求めたシュナイドマンの研究の全貌を明らかにする待望の邦訳といえよう。自殺予防の実践に携わるすべての人々に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎(自殺の定義
  • 自殺のアフォリズム(箴言)
  • 自殺のシナリオ
  • 精神痛としての自殺)
  • 第2部 分析(高知能者の自殺
  • 遺書:人生の状況からの再検討 チェザーレ・パヴェーゼの自殺の理論)
  • 第3部 対応(自殺の危険の高い患者への精神療法
  • 予防と対応の意味合い)
  • 第4部 自殺が生じた後に(ポストベンション:遺された人へのケア
  • 心理学的剖検
  • 法廷で明らかにされた不審死の一例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュナイドマンの自殺学 : 自己破壊行動に対する臨床的アプローチ
著作者等 Shneidman, Edwin S
高橋 祥友
シュナイドマン エドウィン・S.
書名ヨミ シュナイドマン ノ ジサツガク : ジコ ハカイ コウドウ ニ タイスル リンショウテキ アプローチ
書名別名 Suicide as psychache

Shunaidoman no jisatsugaku
出版元 金剛
刊行年月 2005.5
ページ数 217p
大きさ 22cm
ISBN 4772408576
NCID BA72220196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20913667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
自殺のアフォリズム 箴言
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想