コルチャック先生 : 決定版

近藤二郎 著

一九四二年夏、自らに差し出された救済の手を拒み、子供たちとともにトレブリンカ強制収容所に消えたヤヌシュ・コルチャック。医者にして作家であり、そして教育者であったポーランドのユダヤ人の苛烈な生涯は、戦後六十年を経た現在も、私たちの心を揺さぶる。「子供の権利条約の精神的な父」と讃えられる、その先駆的な人権思想を明かす傑作評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生いたちと青年時代-ロシア領ポーランド王国のユダヤ人
  • 2 コルチャックの夢-新しい教育
  • 3 第一次世界大戦-ポーランド独立
  • 4 子供の権利の尊重
  • 5 ファシズムへの道
  • 6 第二次世界大戦-ワルシャワ・ゲットー
  • 7 「ゲットー日記」・断章
  • 8 死への行進-"あなたは間違っている。まず子供たちを"
  • 付 コルチャックへのオマージュ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コルチャック先生 : 決定版
著作者等 近藤 二郎
書名ヨミ コルチャック センセイ : ケッテイバン
シリーズ名 平凡社ライブラリー 540
出版元 平凡社
刊行年月 2005.6
版表示 決定版
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 4582765408
NCID BA72219018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20854467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想