日本の性差別賃金 : 同一価値労働同一賃金原則の可能性

森ます美 著

なぜ日本の男女間賃金格差は縮小しないのか。日本の男女間賃金格差と性差別賃金の構造について、ホワイトカラーを対象に実証的に分析し、企業の人事・賃金制度に内包された性差別雇用管理を解き明かすとともに、ILO第100号条約により世界的に制度化が進められている同一価値労働同一賃金原則の日本における実戦可能性を具体的に提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労働市場にみる性差別賃金の現状と分析視角(労働市場のジェンダー・ハイアラーキー
  • 男女間賃金格差の分析視角)
  • 第2部 性差別賃金と企業の人事・賃金制度(日本の性差別賃金の構造
  • 商社にみる性差別雇用管理の諸相-1990年代後半の「新・日本的経営」とジェンダー
  • 企業「再構築」とジェンダー-総合商社を対象に)
  • 第3部 同一価値労働同一賃金原則と欧米のペイ・エクイティ運動(同一価値労働同一賃金原則の理念と展開-男女間賃金格差是正の戦略
  • 欧米のペイ・エクイティ=コンパラブル・ワース運動-カナダ・アメリカ合衆国・イギリス
  • アメリカ合衆国の"Fair Pay Act of 1994"法案とペイ・エクイティ)
  • 第4部 日本における同一価値労働同一賃金原則の可能性(商社・営業職における職務の分析とペイ・エクイティ-コース別雇用管理制度下の同一価値労働同一賃金原則の実践
  • 「積算・検収」事務職と「ガス工事」監督職への同一価値労働同一賃金原則の適用
  • 日本における同一価値労働同一賃金原則の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の性差別賃金 : 同一価値労働同一賃金原則の可能性
著作者等 森 ます美
書名ヨミ ニホン ノ セイ サベツ チンギン : ドウイツ カチ ロウドウ ドウイツ チンギン ゲンソク ノ カノウセイ
書名別名 Nihon no sei sabetsu chingin
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.6
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4641162360
NCID BA72217690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20813056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想