入門国際経済 : エコノミクス

中北徹 著

為替レートから国際競争の実態までグローバルなビジネスと世界の流れがわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際貿易の理論(比較優位の原理
  • 要素量賦存の命題
  • 国際貿易の制度と歴史 ほか)
  • 第2章 国際収支の理論と実際(国際収支とは何か
  • 経常収支と国民所得勘定
  • 国際取引と外国為替市場
  • 為替レートの決定
  • 国際マクロ経済学-マンデル・フレミング・モデル
  • 為替レートと産業調整
  • トピックス)
  • 第3章 直接投資と世界経済の統合化(直接投資とその影響
  • 「競争力」とは何か
  • 中国の台頭は日本にとって本当に脅威か
  • 内外価格差の経済分析
  • グローバリゼーションと地域経済
  • 世界市場の統合化とその帰結
  • トピックス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門国際経済 : エコノミクス
著作者等 中北 徹
書名ヨミ ニュウモン コクサイ ケイザイ : エコノミクス
書名別名 Nyumon kokusai keizai
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2005.5
ページ数 220p
大きさ 22cm
ISBN 447821056X
NCID BA7220524X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20790401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想