関東軍 : 在満陸軍の独走

島田俊彦 著

日露戦争直後から太平洋戦争終結までの四十年間、満州に駐屯し、日本の対中国政策の尖兵的役割を演じた関東軍。陸軍中央の統制に背いて独走し、軍事的衝突を策した彼らの行動は、日本の運命に重大な影響を及ぼした。張作霖爆殺事件や満州事変、ノモンハン事件等の歴史的大事件を中心に、膨大な史料に基づいて、関東軍の歴史と独走の実態を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生いたちと性格(「関東軍」誕生の陣痛
  • 満州軍の「独立」 ほか)
  • 第2章 張作霖爆死事件(昭和三年六月三日夜
  • 張作霖を脅かす北伐 ほか)
  • 第3章 満州の演出者たち(実行板垣、智謀石原
  • 石原の世界最終戦論 ほか)
  • 第4章 ノモンハンの敗北(新段階むかえた関東軍
  • 緊張高まるソ満国境 ほか)
  • 第5章 七十万軍隊の終焉(渋柿主義か熟柿主義か
  • 独ソ開戦と対ソ戦準備 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関東軍 : 在満陸軍の独走
著作者等 島田 俊彦
書名ヨミ カントウグン : ザイマン リクグン ノ ドクソウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.6
ページ数 248p
大きさ 15cm
ISBN 4061597140
NCID BA72189121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20789672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想