中世ヨーロッパの城の生活

ジョゼフ・ギース, フランシス・ギース [著] ; 栗原泉 訳

牢固とまた堂々と風格を漂わせ、聳える城。西欧中世、要塞のような城が陸続と建造されていった。城作りはいついかなる理由で始まったのだろうか。城の内外ではどのような生活が営まれていたのだろうか。ウェールズ東南端の古城チェプストー城を例に挙げ、年代記、裁判記録、家計簿など豊富な資料を駆使し、中世の人々の生活実態と「中世」の全体像を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 城、海を渡る
  • 城のあるじ
  • 住まいとしての城
  • 城の奥方
  • 城の切り盛り
  • 城の一日
  • 狩猟
  • 村人たち
  • 騎士
  • 戦時の城
  • 城の一生
  • 城の衰退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパの城の生活
著作者等 Gies, Frances
Gies, Joseph
栗原 泉
ギース フランシス
ギース ジョゼフ
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ノ シロ ノ セイカツ
書名別名 Life in a medieval castle
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.6
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 4061597124
NCID BA72187669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20792508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想