家族療法学 : その実践と形成史のリーディング・テキスト

リン・ホフマン 著 ; 亀口憲治 監訳 ; 亀口憲治, 中釜洋子, 北島歩美, 浜崎あえか 訳

本書は、半世紀にわたり、家族療法の最前線で活躍してきたリン・ホフマンによる、家族療法の歴史と理論、そして自らの実践・研究の成果を織りなすように記された魅力的な書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 家族療法の誕生(1960年代の家族療法)(人魚酒場-家族療法の開拓者たち
  • アウトドア・セラピー-生態システムと家族療法 ほか)
  • 第2部 家族療法の展開(1970年代の家族療法)(みにくいアヒルの子-家族療法の臨床体験
  • 壮大な妄想-ミラノ派家族療法の先進性 ほか)
  • 第3部 G.ベイトソン没後の家族療法(1980年代の家族療法)(新たなパラダイム-家族療法の深化
  • リフレクティング・チーム-多様な声を聴く手法の開発 ほか)
  • 第4部 21世紀の家族療法に向けて(1990年代以降の家族療法)(予測できない会話-心理療法の革新
  • クリスマスツリーの村-思いやりのコミュニケーション ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族療法学 : その実践と形成史のリーディング・テキスト
著作者等 Hoffman, Lynn
中釜 洋子
亀口 憲治
北島 歩美
浜崎 あえか
ホフマン リン
書名ヨミ カゾク リョウホウガク : ソノ ジッセン ト ケイセイシ ノ リーディング テキスト
書名別名 Family therapy
出版元 金剛
刊行年月 2005.6
ページ数 382p
大きさ 22cm
ISBN 4772408711
NCID BA72184128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20943255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想