ビザンツ帝国の政治制度

尚樹啓太郎 著

一千年余に及ぶビザンツ帝国の政治制度はいくたびか変化した。その変化の実態を探求することによって、ビザンツ帝国がもっていた活力とその衰退を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビザンツ人にとっての帝国
  • 第2章 皇帝
  • 第3章 元老院と枢密院
  • 第4章 初期ビザンツの政治制度
  • 第5章 中期ビザンツの政治制度
  • 第6章 後期ビザンツの政治制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビザンツ帝国の政治制度
著作者等 尚樹 啓太郎
書名ヨミ ビザンツ テイコク ノ セイジ セイド
シリーズ名 東海大学文学部叢書
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2005.5
ページ数 174p
大きさ 22cm
ISBN 448601667X
NCID BA72179842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20794930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想