睡眠リズムと体内時計のはなし

山元大輔 著

光の入らない地下壕に人間を閉じ込め、時計はもちろん与えず、照明のオン・オフ、食事などはすべて本人任せにし、その行動の記録をとってみる。すると、昼夜はまったく分からないはずなのに、だいたい1日の周期で寝起きを繰り返し、体温も通常の変動リズムを刻み、体のリズムが消滅することはないのである。私たちの体内にはどんな時計があるのだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 からだのリズムになぜ個性があるのか
  • 第2章 からだのリズムをつくる遺伝子の実像
  • 第3章 種の壁が取り払われたゲノム時代のリズム研究
  • 第4章 多種多様な体内時計-進化とサーカディアンリズム
  • 第5章 分子からシステムへ-脳の働きとしての体内時計
  • 第6章 病気の治療に役立つ時間生物学
  • 第7章 眠るしくみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 睡眠リズムと体内時計のはなし
著作者等 山元 大輔
書名ヨミ スイミン リズム ト タイナイ ドケイ ノ ハナシ
書名別名 Suimin rizumu to tainai dokei no hanashi
シリーズ名 Science and technology
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2005.5
ページ数 115p
大きさ 19cm
ISBN 4526054720
NCID BA72177439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20787975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想