世界一ぜいたくな子育て : 欲張り世代の各国「母親」事情

長坂道子 著

「なんでも手に入れたい世代」の女性達が、子供を産む時代になった。ファッション誌編集者として二十代を過ごし、渡仏した著者は、現地で結婚し、家族とともに欧米諸国を移り住む過程で、様々な国籍の同世代の女性達の「出産」「子育て」を取材する機会を得る。それぞれの文化の文脈に応じた子育てへの取り組み方は大きく異なっていた。しかし、途上国に比べれば何もかも手にしている先進国の高学歴・高収入の女性達が、こと育児となると、育児書や医者の一言に振り回され、落ち込んだり、優越感に浸ったり、旧来の母親像に振り回されたり、という激しい揺れの中で悩んだり葛藤したりする状況は変わらない。そんな各国の現代女性達の「欲張りな出産育児」はどこへ向かおうとしているのか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ それは「おっぱい」から始まった
  • 第1章 「授乳」という悩ましきお仕事(マダムはミルクがお好き?-フランソワーズ(フランス人・三〇代)
  • 七年間ノンストップ稼働中-由利子(日本人・三〇代)
  • お姉さん世代の「おっぱいと政治」-サビーネ(ドイツ人・五〇代)
  • 母乳育児という名のトラウマ-パウラ(スイス人・三〇代))
  • 第2章 欲張り世代の子育てのゆくえ(「赤ちゃんはお風呂場で生まれた」-アンナ(オランダ人・四〇代)
  • メリー・ポピンズの国から-ミッシェル(アメリカ人・三〇代)
  • 女と母の絶妙なバランス?-エヴァ(スウェーデン人・三〇代)
  • 闘う女-キャロライン(アメリカ人・四〇代)
  • 母性をふりかざすような女たちが、嫌いなのです-スーザン(オーストラリア人・四〇代)
  • 授乳はストレッチ・リムジンの中で-モニカ(アメリカ人・四〇代))
  • エピローグ それぞれの子育て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界一ぜいたくな子育て : 欲張り世代の各国「母親」事情
著作者等 長坂 道子
書名ヨミ セカイイチ ゼイタクナ コソダテ : ヨクバリ セダイ ノ カッコク ハハオヤ ジジョウ
書名別名 Sekaiichi zeitakuna kosodate
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2005.5
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4334033059
NCID BA72149852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20782664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想