吉田茂とその時代

岡崎久彦 著

1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し降伏した。同月30日、連合国軍最高司令官マッカーサーは厚木に降り立ち、2000日におよぶ占領が始まった。そして東京裁判、新憲法の公布。激変する社会情勢のなか日本は復興への道を歩み出したのだった。この「戦後日本」は誰がどのようにしてつくったのか。歴史の事実を克明にたどりつつ「戦後とは何か」を考える、著者渾身のシリーズ完結編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敗者日本の扱い-無条件降伏とは勝者による敗者の完全征服であった
  • 東久邇宮内閣とマッカーサー-天皇制保全のため日本人はいかなる屈辱にも耐えた
  • 自由とデモクラシーの復活-幣原は日本人の手による再建と改革に情熱を傾けた
  • 勝者の心理と論理-占領政策は日本徹底改革論と対ソ戦略論に分かれた
  • 幣原の苦悩-一月二十四日、幣原はマッカーサーと何を話したのか
  • 吉田茂の登場-主義、思想とは無縁の外交官が首相になるまで
  • 第一次吉田内閣-食糧問題と農地改革に尽力し新憲法を公布するまで
  • 東京裁判(その一)-「極東国際軍事裁判の判決は史上最悪の偽善です」(ウイロビー)
  • 東京裁判(その二)-判決の歴史観に対して正面から反論した二人の識見
  • 占領軍の絶対権力-追放と言論統制が日本人の精神構造に深い傷を遺す
  • 潮の変り目-敗戦直後「赤旗の海」だった日本が復興の道を歩むまで
  • 再軍備のパラドックス-吉田茂はマッカーサーの方針を忠実に守りつづけた
  • 公正な日本近代史を阻むもの-憲法第九条と東京裁判史観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉田茂とその時代
著作者等 岡崎 久彦
書名ヨミ ヨシダ シゲル ト ソノ ジダイ
書名別名 Yoshida shigeru to sono jidai
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 2003.11
ページ数 420, 19p
大きさ 15cm
ISBN 456966069X
NCID BA72142514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20498246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想