国際金融革命と法 : 学術フロンティア研究成果報告書  第3巻(国際金融革命に伴う金融取引と課税に関する研究)

若田恭二編集

この本の情報

書名 国際金融革命と法 : 学術フロンティア研究成果報告書
著作者等 若田 恭二
関西大学法学研究所
書名ヨミ コクサイ キンユウ カクメイ ト ホウ : ガクジュツ フロンティア ケンキュウ セイカ ホウコクショ
書名別名 Kokusai kin'yu kakumei to ho
巻冊次 第3巻(国際金融革命に伴う金融取引と課税に関する研究)
出版元 関西大学法学研究所
刊行年月 2005.3
ページ数 511p
大きさ 26cm
ISBN 4906555306
NCID BA72136635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20794186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Cross-border mobilityと企業年金課税 宮本十至子
Cross-border-mobilityと金融取引課税 村井正
EU域内における国境を越える企業年金課税の調整 宮本十至子
Financial revolution 村井正
Taxation of cross-border interest within the EU should residence country tax or source country Moris Lehner
The taxation of investment funds in Australia Justin Dabner
わが国における投資信託・投資法人課税改革の視点 占部裕典
オウブンシャホールディング事件と法人課税法22条2項 藤原拓哉
オランダにおける金融取引課税 ケイス・バン・ラート
ストック・オプションと課税問題 岸田雅雄
企業組織再編成をめぐる法と税制 大和正史
債務の株式化 西村善朗
前川聡子「金融所得課税の一体化」報告に関するコメント 鶴田廣巳
参考
取引法の観点から
団体法からみた金融課税 村井正
国際金融革命と法-租税法の視点. その1-2 村井正
外形標準課税を考える 浅沼潤三郎
宮本十至子「金融取引と国際課税」報告に関するコメント 谷口勢津夫
投資ファンドと国際課税問題 鶴田廣巳
村井正「団体法からみた金融課税」報告に関するコメント 占部裕典
組織法の観点から
総論
資本移動と国際課税 太田博史
金融取引と国際課税 宮本十至子
金融所得課税の一体化 前川聡子
金融派生商品と課税 藤原拓哉
金融課税研究の方向について 増井良啓
金融課税関連事件に関する意見書 村井正
金融資産と信託課税 占部裕典
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想