物語画

エリカ・ラングミュア 著 ; 高橋裕子 訳

ギリシャ・ローマの古典文学、聖書、聖人伝、歴史上の出来事などを発想源とする「物語画」は、今日の鑑賞者にとって理解が難しい。本書は、ポントルモ、プッサン、ルーベンス、レンブラント、ドラクロワ、ホガース、マネらの著名な作例に親しみながら、「物語画」の見方を丁寧にガイドする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「物語画」を定義する
  • 話は一つ、絵は二枚
  • 超時間的イメージと反復される場面
  • 物語画とテクスト
  • イストリア-画家の「最高の仕事」としての物語画
  • テクストのない物語画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語画
著作者等 Langmuir, Erika
高橋 裕子
ラングミュア エリカ
書名ヨミ モノガタリガ
書名別名 Pocket guide:narrative

Monogatariga
出版元 八坂書房
刊行年月 2005.5
ページ数 137p
大きさ 22cm
ISBN 4896948572
NCID BA72110573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20945866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想