平安貴族と陰陽師 : 安倍晴明の歴史民俗学

繁田信一 著

目に見えない霊物が、貴族たちの日常を脅かす。彼らは陰陽師に何を求めたか。生活文化のなかの陰陽師という視点で平安時代を再考する。陰陽道と生活の関係が浮き彫りにする、日本独自の文化=国風文化のもう一つの姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平安貴族と陰陽師の世界へ
  • 1 家宅を鎮める(新宅作法の次第
  • 宅神と陰陽師
  • 土公神と陰陽師
  • 家宅の危険性と陰陽師の反閇)
  • 2 病気を癒す(普通の病気と陰陽師
  • 神の祟と陰陽師
  • 仏の祟と陰陽師
  • 霊鬼と陰陽師
  • 疫病と陰陽師)
  • 「安倍晴明」と「歴史民俗学」-結びに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安貴族と陰陽師 : 安倍晴明の歴史民俗学
著作者等 繁田 信一
書名ヨミ ヘイアン キゾク ト オンミョウジ : アベ セイメイ ノ レキシ ミンゾクガク
書名別名 Heian kizoku to onmyoji
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.6
ページ数 200, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4642079424
NCID BA7210456X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20786116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想