地方公営企業会計論

瓦田太賀四 著

各々の法律に共通した「公営企業」の特質として、独立採算制が見られるものの、必ずしも同一のものではない。ただし、財務規定を完備しているものは地方公営企業法のみである。そのため、本書では分析の対象を地方公営企業法適用企業のみに限定し、そこにおける会計の基本原則を分析することによって他の類似事業への適応可能性を検討していくことにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地方公営企業の事業と環境的特性
  • 第2章 公共部門の収入および収益-地方公営企業会計の収益を中心として
  • 第3章 地方公営企業会計の測定の焦点
  • 第4章 地方公営企業会計と料金政策
  • 第5章 地方公営企業会計の基本原則
  • 第6章 地方公営企業会計の資本と利益
  • 第7章 地方公営企業会計の借入資本金
  • 第8章 資本剰余金

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方公営企業会計論
著作者等 瓦田 太賀四
書名ヨミ チホウ コウエイ キギョウ カイケイ ロン
書名別名 Chiho koei kigyo kaikei ron
出版元 清文社
刊行年月 2005.5
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 4433254452
NCID BA7209970X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想