おもしろ日本音楽inアジア

釣谷真弓 著

日本の伝統音楽はアジアと深いつながりをもつ。シルクロードを経てたどり着いた楽器たちが、現在どのように生かされ、愛されているか。アジアのなかのひとつの文化としての視点から日本の多彩な伝統芸能、音楽文化をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジアのなかの日本音楽と伝統芸能(アジアはおいしい
  • 「絹の道」からのメッセージ
  • 弦の道(アジアのコト) ほか)
  • 第2章 楽器作りの職人さん(箏師-光安慶太さん(みつや琴製造株式会社)
  • 三弦師-石村憲一さん(石村三絃店)
  • 尺八製管師-遠藤晏弘さん(晏弘尺八工房) ほか)
  • 第3章 日々の中から(こんぴら歌舞伎
  • 桜と日本人
  • 海老サマ襲名 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おもしろ日本音楽inアジア
著作者等 釣谷 真弓
書名ヨミ オモシロ ニホン オンガク in アジア : ワガッキ ノ ルーツ オ タズネテ
書名別名 和楽器のルーツをたずねて

Omoshiro nihon ongaku in ajia
出版元 東京堂
刊行年月 2005.4
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4490205449
NCID BA7209717X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20780444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想