景観法と景観まちづくり

日本建築学会 編

景観施策の創造性が試される時代。自治体の役割を中心に課題を整理し、先行34事例をテーマごとに紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 景観法と景観まちづくりの課題(景観法と自治体
  • 景観マネジメントと建築デザイン)
  • 第2部 景観まちづくりの現場から(都市の景観行政
  • 景観誘導・景観形成
  • 眺望・背景づくり
  • 歴史を活かしたまちづくり
  • 事業による景観創生
  • 自然・農村の風景づくり
  • 住い・建築と景観づくり
  • 市民主体の景観づくり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景観法と景観まちづくり
著作者等 日本建築学会
書名ヨミ ケイカンホウ ト ケイカン マチズクリ
書名別名 Keikanho to keikan machizukuri
シリーズ名 景観法
出版元 学芸出版社
刊行年月 2005.5
ページ数 206p
大きさ 26cm
ISBN 4761531312
NCID BA72093725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想