生体統御システムと内分泌撹乱

井上達, 井口泰泉 編

環境化学物質による攪乱の蓋然性は内分泌系のみにとどまらない。多領域にわたる研究者が内分泌攪乱化学物質問題を正面から取り上げて基礎科学の立場から解説した待望のレビュー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 環境と生物
  • 2 核内受容体と膜受容体
  • 3 神経分化と甲状腺機能
  • 4 性分化と性腺発育
  • 5 発達と行動
  • 6 免疫機能
  • 7 コンピュテーショナル・バイオロジーによるアプローチ
  • 8 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体統御システムと内分泌撹乱
著作者等 井上 達
井口 泰泉
書名ヨミ セイタイ トウギョ システム ト ナイブンピ カクラン
書名別名 Seitai togyo shisutemu to naibunpi kakuran
シリーズ名 Springer reviews
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2005.5
ページ数 321p
大きさ 26cm
ISBN 4431711120
NCID BA72047604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20785262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想