司馬遼太郎の平和観 : 『坂の上の雲』を読み直す

高橋誠一郎 著

『坂の上の雲』をきちんと読み直すことは、「他国」の「脅威」を強調し、「自国の正義」を主張して「愛国心」などの「情念」を煽りつつ「国民」を戦争に駆り立てた近代の戦争発生の仕組みを知り、「現実」としての「平和」の重要性に気づくようになる司馬の歴史認識の深まりを明らかにするためにも焦眉の作業だと思えます-日露戦争を問い直す。「司馬史観」の深化と『坂の上の雲』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『坂の上の雲』と「司馬史観」の深化
  • 第1章 「国民国家」の成立-自由民権運動と明治憲法の成立
  • 第2章 日清戦争と米西戦争-「国民国家」から「帝国」へ
  • 第3章 三国干渉から旅順攻撃へ-「国民軍」から「皇軍」への変貌
  • 第4章 旅順艦隊の敗北から奉天会戦へ-ロシア帝国の危機と日本の「神国化」
  • 第5章 勝利の悲哀-「明治国家」の終焉と「帝国」としての「皇国」
  • 終章 「愛国心」教育の批判-新しい「公」の理念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司馬遼太郎の平和観 : 『坂の上の雲』を読み直す
著作者等 高橋 誠一郎
書名ヨミ シバ リョウタロウ ノ ヘイワカン : サカ ノ ウエ ノ クモ オ ヨミナオス
書名別名 Shiba ryotaro no heiwakan
シリーズ名 坂の上の雲
出版元 東海教育研究所 : 東海大学出版会
刊行年月 2005.4
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 4486031342
NCID BA72028461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20783070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想