以文会友 : 京都大学文学部今昔

京都大学文学部 編

京大以文会(京都大学文学部の同窓会)の名は『論語』顔淵篇にある「以文会友」(文を以て人と会す)を典拠とする。まさに、「文」学を考究する人々の集いにふさわしい四字といえよう。本書は、この四字の下に会した師と徒の、同輩の、厚い交歓を如実に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 哲学の風景(京大の思い出
  • 総長選任問題のころの思い出
  • 随想 ほか)
  • 2 史学の律動(わたくしの東大時代の思い出
  • 人間嫌い
  • 一つの記録 ほか)
  • 3 文学の諧調(追憶五章
  • 感想
  • 懐旧談 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 以文会友 : 京都大学文学部今昔
著作者等 京都大学文学部
書名ヨミ イブン カイユウ : キョウト ダイガク ブンガクブ コンジャク
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2005.5
ページ数 438p
大きさ 20cm
ISBN 4876986606
NCID BA72017760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20783291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想