海の民俗文化 : 漁撈習俗の伝播に関する実証的研究

小島孝夫 編

本書は、成城大学民俗学研究所の共同研究「漁撈習俗の伝播に関する実証的研究」(平成一五〜一六年度)の参画者全員の研究成果を収録した論文集である。この共同研究は、これまで省みられることの少なかった漁撈習俗の伝播について、実証的に研究しようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ、今、「伝播」を問うのか
  • 第1章 佐渡と石見漁師の伝承
  • 第2章 「改良」と呼ばれる技術の伝播-海苔生産の伝播と技術伝承
  • 第3章 丹後ブリ大敷網導入前後
  • 第4章 移住地域における民俗文化の空洞化と組成化
  • 第5章 漁撈習俗伝播の諸相-資源分布と文化受容
  • 第6章 総括にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の民俗文化 : 漁撈習俗の伝播に関する実証的研究
著作者等 小島 孝夫
書名ヨミ ウミ ノ ミンゾク ブンカ : ギョロウ シュウゾク ノ デンパ ニ カンスル ジッショウテキ ケンキュウ
出版元 明石書店
刊行年月 2005.3
ページ数 373p
大きさ 22cm
ISBN 4750320765
NCID BA72017465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20791723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想