「特攻」と遺族の戦後

宮本雅史 著

大東亜戦争末期の昭和19年10月から20年8月にかけて、鹿児島県の知覧や万世、鹿屋などの基地から、連日、特攻機が飛び立っていった。特攻隊員の多くは、17歳から20代後半の若者たちだ。ほんとうの恋を知ることなく飛び立った少年がいた、愛する妻子を残して征った青年がいた、新聞ではじめて息子の特攻死を知った父がいる、散華した婚約者を思い続けることで戦後を生き抜いた女性がいる、宿命を背負い特攻隊の思いと真実を伝え続ける元隊員がいる…。それぞれの人生を真摯に綴り、隊員と家族の思いを永遠に語り継ぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 後をしっかり頼む-妻と娘
  • 第2章 新聞で知った散華-父と母、そして弟たち
  • 第3章 君ありて我れ幸せなりし-婚約者
  • 第4章 笑顔で征った少年-父と母、そして兄
  • 第5章 特攻隊が残したもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「特攻」と遺族の戦後
著作者等 宮本 雅史
書名ヨミ トッコウ ト イゾク ノ センゴ
出版元 角川書店
刊行年月 2005.3
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 4048839136
NCID BA71973891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20769108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想