体温のバイオロジー : 体温はなぜ37℃なのか

山蔭道明 監修

[目次]

  • 第1部 体温の生理学(体温の調節と調節中枢
  • 体温に与える明るさと衣服の影響 ほか)
  • 第2部 体温の異常(発熱と解熱の絶妙なバランス
  • トウガラシ(カプサイシン)と体温 ほか)
  • 第3部 体温変化誘導による治療(高体温療法の可能性を考える
  • 身近な物理療法、温泉療法を考える ほか)
  • 第4部 手術中の体温変化(悪性高熱症と麻酔
  • うつ熱に注意 ほか)
  • 第5部 体温計の歴史と発展(水銀体温計から電子体温計への挑戦
  • 赤外線の話:耳式体温計はなぜ売れたか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体温のバイオロジー : 体温はなぜ37℃なのか
著作者等 山蔭 道明
書名ヨミ タイオン ノ バイオロジー : タイオン ワ ナゼ 37ドシー ナノカ
シリーズ名 LiSA増刊
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 2005.4
ページ数 187p
大きさ 28cm
ISBN 4895924041
NCID BA71949875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想