美とは何か

中倶夫 著

苦悩と混迷の世で、人は美と夢の世界に真実と生きる力を求める。ことばと人知の獲得は、人類という種の絶滅への一歩だったのか?科学技術文明は「進歩」「人類の福祉」という壮大な虚構だったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 美とは何か(「美」とは
  • 美的感動を強めたり弱めたりする諸事情
  • 美の本質に迫る ほか)
  • 第2章 世界の危機と美(近代化のもたらしたもの
  • 近代文明に対峙する価値観
  • 美の創造)
  • 第3章 美についての雑感-まとめを兼ねて(えもいわれぬ「美」
  • 生存に関わる美
  • 芸術は心の糧 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美とは何か
著作者等 中 倶夫
書名ヨミ ビ トワ ナニカ : キンダイ ブンメイ ガ モタラシタ ビ ト ジンルイ ノ キキ
書名別名 近代文明がもたらした美と人類の危機

Bi towa nanika
出版元 郁朋社
刊行年月 2005.3
ページ数 331p
大きさ 21cm
ISBN 4873023041
NCID BA71946593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20761469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想