共感する女脳、システム化する男脳

サイモン・バロン=コーエン 著 ; 三宅真砂子 訳

女性は言語能力にすぐれ、男性は空間把握能力にすぐれている-男性と女性の脳の違いについて、一般にこう考えられてきた。しかし本書が展開するのは、「共感」と「システム化」という、まったく新しいアイディアである。女性型の脳は他者の気持ちをわがことのように感じ、男性型の脳はシステムを理解し構築するようにつくられているのではないか。「心の理論」を発展させ、身近な事例を豊富に示した最新科学の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 男性型の脳と女性型の脳
  • 男の子・女の子
  • 共感とは何か
  • 共感にすぐれた女性型の脳
  • システム化とは何か
  • システム化にすぐれた男性型の脳
  • 文化の影響
  • 生物学的要因
  • 男性型の脳と女性型の脳はどう進化してきたか
  • 自閉症-極端な男性型の脳
  • ある数学者の場合
  • 極端な女性型の脳-未知なる領域

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共感する女脳、システム化する男脳
著作者等 Baron-Cohen, Simon
三宅 真砂子
Baron‐Cohen Simon
バロン=コーエン サイモン
書名ヨミ キョウカンスル オンナノウ システムカスル オトコノウ
書名別名 The essential difference
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.4
ページ数 326, 70p
大きさ 20cm
ISBN 4140810343
NCID BA71934856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20775156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想