先進5か国の年金改革と日本

清家篤, 府川哲夫 編著

福祉国家の再構築において公的年金改革はとりわけ重要なものである。ヨーロッパ諸国では賦課方式の弱点を補う様々な工夫の中で公的年金の役割が再検討され、アメリカでは任意加入の個人勘定を創設する案が焦点になっている。本書は、欧米諸国の経験から日本の年金改革の議論に役立つ理念やエビデンスを集めたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 先進諸国の年金改革(フランスの年金改革
  • 「社会連帯」の国フランスの行方
  • ドイツの年金改革
  • ドイツモデルの長所・短所 ほか)
  • 第2部 日本の年金改革への示唆(雇用と年金
  • 公的年金の役割
  • 女性と年金
  • 公的年金と企業年金 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先進5か国の年金改革と日本
著作者等 府川 哲夫
清家 篤
書名ヨミ センシン 5カコク ノ ネンキン カイカク ト ニホン
書名別名 Senshin 5kakoku no nenkin kaikaku to nihon
出版元 丸善プラネット : 丸善出版事業部
刊行年月 2005.4
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4901689339
NCID BA71931009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20779081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想