ブラックホール天文学入門

嶺重慎 著

かつて純粋に理論上の産物であったブラックホールは、今や観測にかかる現実の天体となりました。私たちは今まさに「ブラックホール天文学」の時代に突入しつつあるのです。本書は、宇宙でのさまざまな天体活動を引き起こしている"黒幕"、ブラックホールの素顔から、研究の将来展望までをやさしく紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブラックホールを現実に引き込んだ天文学者たち-ブラックホール天文学の黎明
  • 第2章 ブラックホールはどこにある-ブラックホール天体論:序論
  • 第3章 ブラックホールはなぜ明るく光るのか-ブラックホール降着円盤学1:標準円盤
  • 第4章 ブラックホールからの高エネルギー放射-ブラックホール降着円盤学2:高温降着流
  • 第5章 ブラックホール天体活動の秘密を暴け-ブラックホール天体活動学
  • 第6章 底なしの穴から高速ジェットが噴出する-ブラックホール・ジェット天文学
  • 第7章 ブラックホールのルーツを探れ-ブラックホール形成・進化学
  • 第8章 ブラックホールをもっと深く理解したい-ブラックホール天文学の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラックホール天文学入門
著作者等 嶺重 慎
書名ヨミ ブラック ホール テンモンガク ニュウモン
書名別名 Burakku horu tenmongaku nyumon
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス 271
出版元 裳華房
刊行年月 2005.5
ページ数 146p
大きさ 19cm
ISBN 4785387718
NCID BA71928671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20784900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想