エピジェネティクス入門 : 三毛猫の模様はどう決まるのか

佐々木裕之 著

三毛猫の三毛模様、アサガオの絞り模様…。遺伝子は同じでも、生物にはさまざまな外見や個性がある。これは遺伝子の働きを調整するエピジェネティクスによって、偶然をも取り込みつつ決められている。遺伝子を陰でダイナミックに操るしくみと、それによって生まれるさまざまな現象を解説し、病気との関係や新しい治療法開発の可能性を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 個性はどこで決まるか
  • 2 エピジェネティクスとは
  • 3 さまざまな振舞い
  • 4 個性は伝わるか
  • 5 もっと複雑な仕組み
  • 6 病気との深い関係
  • 7 便利な道具にハマる生物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピジェネティクス入門 : 三毛猫の模様はどう決まるのか
著作者等 佐々木 裕之
書名ヨミ エピジェネティクス ニュウモン : ミケネコ ノ モヨウ ワ ドウ キマルノカ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 101
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.5
ページ数 92p
大きさ 19cm
ISBN 4000074415
NCID BA71921526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20791262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想